運転免許ををとって思うこと

私が運転免許を取ったのは、3年前になります。
それまでは自転車だけの生活だったので、自分の運転で遠くに出かけられることが新鮮で、楽しいものになるんだろうなと思っていました。
自転車に乗っている時には気づかなかった、自動車のマナー違反や自転車、歩行者のマナー違反がすごく目につくようになりました。
歩行者であれば、横断歩道がない所を当たり前のように横切り、こちらをにらみつけていきます。
自転車であれば、並走やスマホを操作しながら自転車に乗っていたり、逆走は当たり前のようにあります。
自動車に至っては、いわゆる交通法規を守らない人がすごく多いです。

自分が歩行者の時はどうだっただろうかと考えてみました。
横断歩道がない場所を歩くと言うことはしてなかったものの、歩道橋があるのに渡らずにいたことはありました。

自分が自転車の時はどうだっただろうかと考えてみました。
並走やスマホの操作をしながら走行することはありませんでしたが、逆走は道路交通法で定められる前はしていました。
定められてからは、自転車走行可の標識がある歩道を走るくらいでしょうか。
今は、自動車と並走しているだけで怖いです。
自動車を運転しているときに、隣をバイクや自転車が走っているだけで、怖いと感じます。

自動車に乗っている今、どうだろうかと考えてみました。
交通法規を守りすぎていると言われます。
法定速度で走っていれば、後続車に煽られます。
クラクションを鳴らされたり、追い抜きざまに中指を立てられたこともあります。
交通法規を守っていても、相手が突っ込んで来たとしても、自動車のほうが悪くなります。
不思議です。

ニュースで、居眠り運転をして蛇行をしていた車にトラックが突っ込む、死亡事故がありました。
その場合も相手がいくら反対車線にはみ出してきていても、トラック側の前方不注意になるんだそうです。
不思議です。

先日、当たり屋?のような人に出会いました。
出会い頭に出てきた自転車の人が、自動車に接触していないのに転倒しました。
それでも、交通事故と見做され処理されていました。
私はただの目撃者の立場でしたので、ドラレコを提出しましたがその後はどうなったのかわかりません。
ただ、運転手の方が無罪であればいいのに、と思っています。

運転免許を取って、その後の生活が便利になる反面、安全はどこに行くのかなと感じます。
どんなに自分が安全を配慮して、交通法規を守っても他の誰かが守らなければ無意味なものになってしまいます。
出来れば、運転免許を持つ人が、自動車を運転する人が交通法規を守ってくれればいいのに、と思わざるを得ません。ひげの悩みは、サロンにいきましょう